HOMEトピックス会社案内リンク
企業内教育医療文教書籍
医療機関の暴言・暴力対策マニュアル パッケージ&DVD

監修指導 唐澤秀治(船橋市立医療センター 副院長 医療安全管理室長)
池田勝紀(船橋市立医療センター 救命救急センター 医長) 

DVD版 全2巻 各巻47,500円

(税抜)
※全2巻セットには資料CD-ROMが付きます。
(告知ポスター図案などの参考資料を収録)

 医療機関の暴言・暴力対策マニュアル
  第1部 基本方針と予防指針
監修指導 唐澤秀治(船橋市立医療センター 副院長 医療安全管理室長)
池田勝紀(船橋市立医療センター 救命救急センター 医長)
従来、医療従事者は暴言・暴力に比較的寛容で対応も様々でした。
また、個人に対応と責任を負わせる風潮風土も根本的対策の障害となっていました。
医療機関トップと職員全員が確固たる基本方針のもと、暴言・暴力に対する共通認識を持つことが、組織的対策の第一歩です。予防となる接遇技術の指針も含め考察します。

DVDメニュー項目(項目ごとに再生できます。)
1.はじめに
暴言・暴力に対する医療機関の方針をきちんと定める。
いかなる暴言・暴力も絶対に許さない
他の患者と職員の安全を確保することが、最も大切であり、そのために組織として行動する
2.暴言・暴力に対する方針を定める
医療機関の風土・風潮
暴言・暴力の被害
方針の通達
監視区域の告知
3.暴言・暴力の定義
暴言とは
 個人の尊厳や価値を無視し精神的に傷つけることを意図した乱暴な言葉・脅かし・悪質なクレーム
暴力とは
 身体的に危害を及ぼしたり実際に傷つけたりすること
 物を投げるなどの器物破損
セクシャル・ハラスメント
 ・卑猥な発言 ・意に添わない性的な誘惑や強要 ・好意的態度の要求
 ・身体接触などの性的嫌がらせ
ストーカー
 特定の人に一方的に好意や恋愛感情を持ち、病的な執着心でつきまとい・待ちぶせ
 ・押しかけなどの好意を繰り返す
医療サービスとの区別
4.暴言・暴力の背景
暴言暴力の引き金
医療に対する認識のズレ
医療機関側の原因
5.暴言・暴力の予防指針
非言語的コミニュケーションの重要性
6.信頼関係構築コミュニケーションBATHE話法
B:Background(背景)  A:Affect(感情)  T:Trouble(苦悩)  H:Handling(処理)  E:Empathy(共感)
BATHE話法の事例
BATHE話法事例の検証
7.総括
■商品コード
■定価
■時間
DM020(DVD)
¥47,500(税抜)
36 分
 医療機関の暴言・暴力対策マニュアル
  第2部 発生時の組織的対応
監修指導 唐澤秀治(船橋市立医療センター 副院長 医療安全管理室長)
池田勝紀(船橋市立医療センター 救命救急センター 医長)
暴言・暴力の発生時、直面した医療従事者は何をどうするべきか?
同僚・上司・部署の管理者それぞれは何をどう支援すればよいのか?
警察への通報のタイミングは? 加害者のフォローは? などなど。
備えあれば憂いなし。"患者も職員も組織で守る"、その実践的行動指針を俯瞰し時系列で解説、対策マニュアルの真骨頂を示した一作。

DVDメニュー項目(項目ごとに再生できます。)
1.暴言・暴力 組織的対応表
2.平常時の対応 [全職員]
予兆に気づく 落ち着きがなくなる、早口で語気が荒くなる、言葉数が少なくなる…
予兆への対応1:積極的な傾聴姿勢
予兆への対応2:根拠に基いた説明
予兆への対応3:声かけの実行
3.暴言・暴力 発生時の対応 [被害者]
1.毅然とした態度をとる
2.逃げ道を確保する
3.応援を要請する
暴言への対応例(被害者)
4.暴言への対応 [同僚・応援者]
問答事例をつくる
暴力への対応例(被害者)
5.緊急対応システム コードホワイトの概要
システムの流れ
院内放送 ポイント
6.暴力への対応 [同僚・応援者]
7.暴力への対応 [管理責任者]
8.暴言・暴力 アフターケア [管理責任者]
9.総括
■商品コード
■定価
■時間
DM021(DVD)
¥47,500(税抜)
30分
医療機関の暴言・暴力対策マニュアル サンプルCD
医療機関の暴言・暴力対策マニュアルの映像サンプルCDをご用意いたしました。
ご購入を検討の方は下段の「メールで注文」のボタンをクリックしてお申込みください。
対応システム MediaPlayer9 InternetExplorer8以降
ご相談・お問い合わせはお気軽に・・・
株式会社ワイ・イーピー 営業部
フリーダイアル
TEL:0120-573-433
FAX:0120-781-029

Copyright © 2011 YEP Co.,Ltd. All Rights Reserved.