ホームトピックス会社案内リンク
企業内教育医療文教書籍

テアダウン実施マニュアル

テアダウン実施マニュアル (DVDpack)
DVDパッケージメニュー画面DVDメインメニュー画面
視界不良の今こそ、現在の正確な位置を知る事、そして正しい地図と羅針盤が必要です。即効性があり信頼性が高い、誰でもできる現場現物主義の改善手法、それがテアダウン
テアダウン手法を使って、他社の商品と自社の商品を、分解し比較分析する。その違いの中から改善点を抽出し、競争力の向上へと導く。 即効性、信頼性がともに高い、現場現物主義の改善手法「テアダウン」の実践ノウハウを事例をもとにわかりやすく解説。

第1部 現場でできる原価改善テアダウンとは
第2部 実践!比較対照分析の進め方
第3部 実践!競争力分析と目標設定の進め方
(以下の V105 V106 V107 のタイトルを1枚のDVDに収めたものです。)
■商品コード
■定価

■時間
DB104(DVD)
¥99,000(税抜)
送料無料
82分

 究極の改善手法! テアダウン実施マニュアル

現場でできる原価改善テアダウンとは
監修:佐藤嘉彦(いすゞ自動車(株)原価技術推進部長)
比較対照分析法であるテアダウンの概要、その効果と基本的な進め方を解説。
似ているものであっても、必ず違いがあります。違いを1つずつ把握して改善のアイデアとして生かすために、比較分析が有効です。「トースター」を事例に、比較対照分析法テアダウンの基本とその概要を詳しく説明。あわせて比較分析の具体的な進め方を実際例を通してわかりやすく解説。

DVDメニュー項目(項目ごとに再生できます。)
1.プロローグ
TEAR DOWNとは
比較対象価値分析法であり価値分析、すなわちVEの応用技術の一種である
2.比較分析の原点
テアダウン
類似する製品の外観では分からない部分を分解して比較する技術
3.テアダウンの利点
テアダウン比較分析
4.テアダウンの特徴
DYNAMIC TEAR DOWN   COST TEAR DOWN      MATERIAL TEAR DOWN
MATRIX TEAR DOWN     PROCESS TEAR DOWN    STATIC TEAR DOWN
5.比較分析の実際スタティク・テアダウンをすすめる時の留意点
1.わかりやすく整理して並べる
2.特徴を比較表にしてまとめる
6.スタテックテアダウンで何がわかるか?テアダウンの目的
1.相手を知ること
2.相違点を把握すること

全篇再生
■商品コード
■定価

■時間
V105D(DVD)
¥47,500(税抜)
送料無料
26分
実践!比較対照分析の進め方
監修:佐藤嘉彦(いすゞ自動車(株)原価技術推進部長)
工程比較とコスト比較を中心に、具体的なテアダウン活動の進め方を解説。
比較分析により異なる点を抽出して、その差をプラスマイナスで評価することにより、改善の効果や内容を定量的かつ具体的に把握していきます。ビデオでは、組み立て工数・工程の低減を狙うダイナミックテアダウンとコストの低減を狙うコストテアダウンを取り上げ、その進め方を具体的な手順を追いながら詳しく解説。

DVDメニュー項目
(項目ごとに再生できます。)
1.テアダウンの種類DYNAMIC TEAR DOWN   組立工数の低減
COST TEAR DOWN      部品価格の低減
MATERIAL TEAR DOWN  原材料費の低減
MATRIX TEAR DOWN     部品の共通化
PROCESS TEAR DOWN   生産工程の標準化・混流化
STATIC TEAR DOWN     ベクトルの統一とアイデアの収集
2.ダイナミックテアダウンとは1.組立工数(コスト)の低減
2.合わせ品質の向上
3.競合品との競争力の把握
4.手離れの良い組み立て方法の研究
3.ダイナミックテアダウンの実際定量的、かつ具体的に内容や目標がわかることがテアダウンの特徴 4.コストテアダウンとはコストの同じところは比較せず、異なるところのみをプラス、マイナスの評価をする 5.コストテアダウンの実際

全篇再生


■商品コード
■定価

■時間
V106D(DVD)
¥47,500(税抜)
送料無料
28分
実践!競争力分析と目標設定の進め方
監修:佐藤嘉彦(いすゞ自動車(株)原価技術推進部長)
違いをデータ化して、比較・評価を加える。改善点を抽出する具体的な方法を解説。
「機能」を達成するための最低限のコストを追求し、価値を高める。そのための機能分析や具体的な改善の目標を設定する分析・評価法について解説。競争力の分析や機能とコストのバランスから、取り組み項目の優先順位・重要度を決定する方法、及び問題点抽出や目標設定のための図表の活用方法を具体的に解説。


DVDメニュー項目(項目ごとに再生できます。)
1.価値を比較するDYNAMIC TEAR DOWN   COST TEAR DOWN  の集約2.価値を比較する(機能比較項目の抽出)
3.価値を比較する(比較項目の順位づけ)FD法 4.価値を比較する(比較項目の重要度づけ)DARE法 5.価値を比較する(機能の評価)
6.競争力分析と目標設定

全篇再生




■商品コード
■定価

■時間
V107D(DVD)
¥47,500(税抜)
送料無料
28分
ご相談・お問い合わせはお気軽に・・・
株式会社ワイ・イーピー 営業部
フリーダイアル
TEL:0120-573-433
FAX:0120-781-029
Copyright © 2011 YEP Co.,Ltd. All Rights Reserved.